MS4wMzZ8fDEzNzk4Mzc2NjM5MDN8MTExMTExfDE1NzI4NDE1Mzg3NzA7OTE3NjAwNDE0NDA2Nzc7MTc0Njc7MTM4OzM1Njc4NTExMDA1ODM7MTAwMTstMTstMTswOzA7MzsyNzk0NjswOy0xfDE1NywyOTYsMjE5NTMwOTQ1NTY3LDA7MTM4LDUwNSwxOTQ3NzA4NjI3MDM5LDA7MTIxLDQxMSw0MjgyMDM1NTYsMDsxMDksMzQ0LDIxNTI3ODcwMTUsMDsxMDAsMjkzLDY3MzgxMjQ3NzQsMDs5NCwzNDQsMTYzNDc0ODM3MzEsMDs3OCwzMzYsNDYzNTE3ODIxMjMsMDs5NCwzODMsNzQwMTc1NzE3NzgyLDA7NjYsNDc4LDcxMDgyMDMyMTgzNjgsMDs0OCwxNDQsMTY3MjUyNTI0ODU2NTksMDt8NDUwMzU5OTYyNzM3MDQ5NTs0NTAzMTg3MzEwNTEwMDc5OzQ1MDM1OTk2MjczNjk0NzE7Mzk0MDY1MjUwMTQ2NTU5OTs1NjgyMjN8NDUwMzA0Nzg1ODI5MDY4Nzs5MDk0MDUwMDY4NDc5%21END%21

マトメナティ~イルミナティ,フリーメーソン,オカルトなど2chまとめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1376137800/


71: 本当にあった怖い名無し 2013/08/15 16:20:51 ID:Mo9NHsMW0

シナイ山とは竹刀(シナイ)である。竹刀とは「撓う撓る」が語源である。
「撓る(シナル)」はバビロニアのあった「シナル(shinar)」の土地である
「シナル(shinar)」は「shinar(シナ)」で「支那(中国)」を表す。
「支那」の語源は「秦(しん)」でありローマ帝国を「大秦」と書き、中国を「秦」と
称するのである。秦の血筋である秦氏が最期に訪れたのが日本の平安京である。
平安京は「平和の都」でエルサレムを示し、秦氏を代表する機織業を司る律令制の
役職が「織部正(おりべのかみ)」である。すなわち「織部正(おりべのかみ)」は
織部(オリーブ)の神、であり「機織の神」の隠喩である。
ローマ帝国から秦(中国)そして神の国日本。秦氏と機織の神が通った道のりは
機織の成し「絹の道」。即ち「シルクロード」である。これと対になっているのが
天の道である「天の川」である。撓る(シナル)は別の読み方をすれば撓(タワ)そう
タワー(塔)である。これはバビロン(バベル)の塔を意味する。バビロンの意味は
本来はバビエル(神の門)である。つまり秦氏が日本(神の国)に訪れる前に訪れた
秦(しん)は撓(タワー)を登り神の門(バビエル)を開き、神の国に渡来(try=挑戦)する
事の隠喩であり、秦氏の通った道のりは神の国へ行く者の雛形なのである。
当然、神の国(エデン)に技術集団である秦氏がくれば今の日本のように物質的な
富に溺れる国になるのである。それはもはや神の国と呼べるのか私は知らない。
だが一番重要な事は歴史を重なれる上ではそこではないのである。
なぜなら雛形である秦氏の渡来(亡命)を妨害したのは神の国の天神の雛形である
大和の民と朝廷ではなく、新羅による妨害であったからである。
弓月の民(秦氏)の受け入れは応神天皇の代であった。応神天皇はオーディンの雛形
であり、英霊信仰の守護者を隠喩する。そこから見れば英霊嫌いの朝鮮人の雛形の
本来の役目は新羅同様に妨害する為の駒でないかと推察する


-- 続きを読む --



タルムードに対する誤解

引用元: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1374143530/


183: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/04 09:50:30 ID:8RCDHgNP

タルムードに対する誤解

 もう一つ、反ユダヤ主義の根拠としてしばしば取り上げられる
ユダヤ教の聖典「タルムード」について、述べておきましょう。
タルムードとは、旧約聖書に並ぶユダヤ教の聖典です。その原本は
ヘブル語とアラム語で書かれ、B.C.500年頃からA.D.500年頃までの間に、編集されました。
タルムードは、250万語以上にのぼる膨大な知恵の集大成で、旧約聖書の30倍以上の分量が
あります。日本で全訳は出ていません。
内容は、数万人のラビ (ユダヤ教指導者) たちが多方面から知恵を出し合った討論、あるいは論争です。
このタルムードに関して、ある書物は、次のように書いています。
「ユダヤ教の根本教義『タルムード』には、『ユダヤ人だけが人間であって、他の民族はけだものである』 
と述べられている。だから、たとえユダヤ人が異邦人を殺したとしても、罪に問われることはない。
単に動物を殺したにすぎないとされる」。
こんな言説がまことしやかに述べられ、多くの日本人に読まれているのです。しかしこれを書いた人は、
実際にはタルムードを読んだことすらありません。


-- 続きを読む --



引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1373460300/


257: ? ◆d7KBgLV1hY 2013/07/16 12:18:17 ID:atGy34v50

書かれているのが神の言葉であっても、編纂する者も読む者も人間でしょう。

伝え方読み方は 時代や国や人次第でいかようにも変わると思いませんか?
解釈する人間が間に入るからには 
「私の読み方解釈の仕方それに基づいての行動に間違いは絶対にありません」
というのは神に対しての驕りでしかない。

聖書の中ではなく聖書の向こうにこそ本当の神 キリストの心があると私は思う。

たとえばアメリカのバイブルベルト
現行の世界秩序をもたらしている国の中で 正しく世界を導くためにも
聖書の中だけではなく もっと世界を見て 自分たちの代表であるはずの政府を監督するために 
よりキリストの心を適切に解釈し 正しく行動しろと言いたい


-- 続きを読む --



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。