MS4wMzZ8fDEzNzk4Mzc2NjM5MDN8MTExMTExfDE1NzI4NDE1Mzg3NzA7OTE3NjAwNDE0NDA2Nzc7MTc0Njc7MTM4OzM1Njc4NTExMDA1ODM7MTAwMTstMTstMTswOzA7MzsyNzk0NjswOy0xfDE1NywyOTYsMjE5NTMwOTQ1NTY3LDA7MTM4LDUwNSwxOTQ3NzA4NjI3MDM5LDA7MTIxLDQxMSw0MjgyMDM1NTYsMDsxMDksMzQ0LDIxNTI3ODcwMTUsMDsxMDAsMjkzLDY3MzgxMjQ3NzQsMDs5NCwzNDQsMTYzNDc0ODM3MzEsMDs3OCwzMzYsNDYzNTE3ODIxMjMsMDs5NCwzODMsNzQwMTc1NzE3NzgyLDA7NjYsNDc4LDcxMDgyMDMyMTgzNjgsMDs0OCwxNDQsMTY3MjUyNTI0ODU2NTksMDt8NDUwMzU5OTYyNzM3MDQ5NTs0NTAzMTg3MzEwNTEwMDc5OzQ1MDM1OTk2MjczNjk0NzE7Mzk0MDY1MjUwMTQ2NTU5OTs1NjgyMjN8NDUwMzA0Nzg1ODI5MDY4Nzs5MDk0MDUwMDY4NDc5%21END%21

マトメナティ~イルミナティ,フリーメーソン,オカルトなど2chまとめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引用元: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1357212036/


115: シオン第二議定書について 2013/04/17 18:50:47 ID:WZa+E+wn

「非ユダヤ人は歴史を基礎とする冷静な観察を練ることを知らず、
 
もっぱら理論上の旧弊にとらわれて批判的工作を忘却している・・・
略・・非ユダヤ人知識階級は自己の知識を誇りとして、科学から得た知識を巧妙に実現しようとするが、
その知識なるものがわれわれの秘使のよってつくり上げられたものであることには気がつかないのである。」

すぐに分かることは彼らは、この3人非常に、異なる3人・・の著作の中身
を知らないが、名前が影響力があるのだけは知っている。民衆にうってつけなのだ。

「われわれが仕組んだダーウィン、マルクス、ニーチェの学説に注意されるがよい。 
非ユダヤ人の 心に及ぼしたこれらの学説の破壊的作用は明白ではないか。 -----非ユダヤ人知識階級は自己の知識を誇りとして、科学から得た知識を巧妙に実現しようとするが、その知識なるものが
われわれの秘使のよってつくり上げられたものであることには気がつかないのである。」・・(チョンの何でも韓国起源説みたい)

と -----第二議定書には書いてある。」が・・


116: シオンの議定書2 2013/04/17 18:55:07 ID:WZa+E+wn

すぐに分かることは彼らは、この3人非常に、異なる3人・・の著作の中身
を知らないが、名前が影響力があるのだけは
知っている。民衆にうってつけなのだ。

ダーウィン マルクス ニーチェの部分は引っ掛けで、)、「われわれが仕組んだ」という部分は、
巧妙な嘘であり、
(マルクスはユダヤ人で多分にユダヤ的であるが、仕組まれて「作り
上げられて」いるとは思えない。
(それに資本論などはエンゲルスが書いた部分の方が多い。)

ニーチェはと言えば、ダーウィンより、ラマルク
派。

(ダーウィン・・・適者生存説は事後的にしか分からない。生きてれば適者。結果論でしかない。)(ユダヤ人にとってはいいかも)
要するに生物の一面(反応)しか見ていない。)、

 


117: シオンの議定書3 2013/04/17 19:05:51 ID:WZa+E+wn

・・なぜ、深海にいる魚は目を無くしたり、逆に目をでかくしたりするのか。

サメに食われる魚はなぜフグみたいに毒をもとうとしないか、
、目を作る遺伝子を失ったとされる洞窟にいる淡水魚が光を浴びると、目を作るのか?(実は目をつくる遺伝子は人間が思ったより、いろんな
ところにある)葉緑素をつくらないのか?。その変身の力をラマルクは予感していた

。ラマルクは、生物の能動性(自主性)を知っていた。

動物は馬鹿ではない、(馬鹿)は人間の特徴である。

また社会主義はキリスト、ユダヤの起源と同じくしている。
なぜというに、カーライルが言った?暗く臭い学問・・このうそ臭い学問、

経済学・・をなんとしても適用できる社会を目指しているので。


118: シオンの議定書4(終わり) 2013/04/17 19:15:51 ID:WZa+E+wn

要するに、ゴイム(非ユダヤ人)であれ、才能がある人物はすべて
ユダヤに発すると思わせたいのである。
利用できるものは徹底的に利用。

それとその言葉の機能(効果)
に注目してもらいたい。実は彼らはこの3人の反対の考え方をさせたいのである。

なぜなら、自由、博愛、平等、などを民衆に保ってもらいたいから。
(これはユダヤがばら撒いておいた概念だから)

だが3人は、それら概念を破壊する。段々現実を見させユダヤ、の本性を見破らせる方向へ導くからである。

 そして何と、議定書(①)には、こう書いてある。「非ユダヤ人に対する勝利は、弱点を押さえることでより確かなものとなる。 
弱点とはすなわち「計算高いこと」「物資的欲求をみたすために、貧欲あくなきことである。
 ここを突けば、彼らの独立主導力を減殺し、買収者の意のままにすることができる。」、

なんと、完全に自分らのことだ。というか分かりやすいやつらだ。。ネオテニーの極致。
頭ばかりでかくなって、幼児性が抜けない。その特徴・・自分を相手に投影する。メラニー・クライン。

要するに目的を達成するなら手段を選ばないという、そういう民族だということで、
そうなれば、いつかそれに気が付けられたら、一巻の終わりである。




コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。