MS4wMzZ8fDEzNzk4Mzc2NjM5MDN8MTExMTExfDE1NzI4NDE1Mzg3NzA7OTE3NjAwNDE0NDA2Nzc7MTc0Njc7MTM4OzM1Njc4NTExMDA1ODM7MTAwMTstMTstMTswOzA7MzsyNzk0NjswOy0xfDE1NywyOTYsMjE5NTMwOTQ1NTY3LDA7MTM4LDUwNSwxOTQ3NzA4NjI3MDM5LDA7MTIxLDQxMSw0MjgyMDM1NTYsMDsxMDksMzQ0LDIxNTI3ODcwMTUsMDsxMDAsMjkzLDY3MzgxMjQ3NzQsMDs5NCwzNDQsMTYzNDc0ODM3MzEsMDs3OCwzMzYsNDYzNTE3ODIxMjMsMDs5NCwzODMsNzQwMTc1NzE3NzgyLDA7NjYsNDc4LDcxMDgyMDMyMTgzNjgsMDs0OCwxNDQsMTY3MjUyNTI0ODU2NTksMDt8NDUwMzU5OTYyNzM3MDQ5NTs0NTAzMTg3MzEwNTEwMDc5OzQ1MDM1OTk2MjczNjk0NzE7Mzk0MDY1MjUwMTQ2NTU5OTs1NjgyMjN8NDUwMzA0Nzg1ODI5MDY4Nzs5MDk0MDUwMDY4NDc5%21END%21

マトメナティ~イルミナティ,フリーメーソン,オカルトなど2chまとめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1364322900/


825: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 02:52:11 ID:ChNzYT3K0

グノーシスて言葉が一人歩きしてるから暇つぶしに書くわ、、
グノーシスて認識てことだからもともと宗教ではない。
宗教と言われるのはその後の人達が勝手にいっているだけ
広義的には仏教やその前のバラモン教(ヴェーダ聖典類)も
認識力を磨いて真理に気づくって意味では同じことになる。
もっと言うと初期の哲学者ソクラテスやプラトンも認識を深め
て人間とはなにかを知る為に研究した広義の意味でのグノーシス主義になる。
有名な例で言えば(我思う故に我有り)と言ったデカルトも
グノーシス的な基本の考え方に近い。本来グノーシス的考え方に神や悪魔
の定義はないが、大衆向けに方便として後の人が付け加えただけ。
これを時の権力者が統治するためのツールとして使っただけ。
そして現代では行動認知学や脳科学や心理学は人間の感官や心を研究する。
これらは昔からかわってない。ただ外を見て認識を深めるか
内を見て認識を深めるかの違い。最近の受動意識仮説もグノーシス主義
やヴェーダー哲学派から言えば(そりゃそうだ)て感じだが
それが現代科学で証明できそうなのがすごいところ、、、、つづく。


826: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 02:57:36 ID:ChNzYT3K0

それからよく宗教信じてる人がグノーシス主義を否定しているのを
見かけるけど、それはたいていキリスト系の人が多い。
これは宗教の目的を根本的に知らない人が絡んでくる。
キリスト教は信仰心(神の子キリストに帰依して)救いを求める宗教
これが本当に分かる人はグノーシスを否定するのはおかしい。
多分そんな人は祈りや帰依を誤認しているとしか思えない。
(帰依)とは神を信仰し身を捧げ神のために行動することを言う
これは完全に自我を捨て他人の為や世界の為に生きることを指す
結果自身が何者なのかを知り恐怖や苦悩からの開放を目指す方法。


827: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 02:58:38 ID:ChNzYT3K0

これらの方法は残念ながら時代の権力者によって一番洗脳の方法に
適していた、それは教師がもしその信仰のしかたを利己的なものに
すり替えたなら簡単に洗脳できるから。プラス都合の悪いことは
悪魔や神のせいにして自分の責任を回避できるから都合が良い
そして証拠ものこらない(悪魔の証明)
洗脳された人間は(神の為)と思って必死に人間の欲望の為に行為する
だから時に人間とは思えない残虐な行為も平気でする。
ま、稀に途中で気づいて本当に神に帰依する人もいるにはいるが、、
(神よどうか私をあなたの道具として使ってください。)byマザーテレサ。


828: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 03:06:12 ID:ChNzYT3K0

グノーシス主義的な考え方ではだいたい、現れては消えていくものは実在ではない
と定義する。この辺の考えかたは仏教系と同じで、思考も感情も現われては消えていく
から実在ではないそれに執着している自我(私)も同じだから実在ではないと定義する
では、その私は実在ではないと認識しているのはだれか?と探求していく方法で
最終的には自我は存在しないことに気づき、私とは何者かを知り恐怖や苦悩の開放を目指す
方法。ここで言いたいのは、帰依もグノーシス(真の知識)も入り口が違うだけ
で入る部屋は同じってこと。だから互いの手段が違うからって争うのはおかしな話。
それこそが、宗教を利用して悪巧みしている団体の手のひらの上てことだよ。

そいつらがイルミ②なんだよ。だからかれらはその辺を熟知しているから
簡単に洗脳や思想誘導に長けている。まー良いか悪いかは判断しかねるが、、
だから宗教は危険なんだな。


829: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 03:13:59 ID:ty2Pf3EZ0

> では、その私は実在ではないと認識しているのはだれか?と探求していく方法で
> 最終的には自我は存在しないことに気づき、私とは何者かを知り恐怖や苦悩の開放を目指す
むしろ、自我しかないと言うべきだなw
それぞれの人間にとってはね


830: 本当にあった怖い名無し 2013/04/15 03:25:46 ID:ChNzYT3K0

いやいや、言葉を書く行為は自我の産物だから
矛盾があるが、それから先は書けないし、、
誰にも教わることもできないとおもうよ。
それにその発言をしているのも自我だから
無我の状態を論ずるのは不毛で無理やり論じると
禅問答みたいになるんだとおもうよ。




コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。