MS4wMzZ8fDEzNzk4Mzc2NjM5MDN8MTExMTExfDE1NzI4NDE1Mzg3NzA7OTE3NjAwNDE0NDA2Nzc7MTc0Njc7MTM4OzM1Njc4NTExMDA1ODM7MTAwMTstMTstMTswOzA7MzsyNzk0NjswOy0xfDE1NywyOTYsMjE5NTMwOTQ1NTY3LDA7MTM4LDUwNSwxOTQ3NzA4NjI3MDM5LDA7MTIxLDQxMSw0MjgyMDM1NTYsMDsxMDksMzQ0LDIxNTI3ODcwMTUsMDsxMDAsMjkzLDY3MzgxMjQ3NzQsMDs5NCwzNDQsMTYzNDc0ODM3MzEsMDs3OCwzMzYsNDYzNTE3ODIxMjMsMDs5NCwzODMsNzQwMTc1NzE3NzgyLDA7NjYsNDc4LDcxMDgyMDMyMTgzNjgsMDs0OCwxNDQsMTY3MjUyNTI0ODU2NTksMDt8NDUwMzU5OTYyNzM3MDQ5NTs0NTAzMTg3MzEwNTEwMDc5OzQ1MDM1OTk2MjczNjk0NzE7Mzk0MDY1MjUwMTQ2NTU5OTs1NjgyMjN8NDUwMzA0Nzg1ODI5MDY4Nzs5MDk0MDUwMDY4NDc5%21END%21

マトメナティ~イルミナティ,フリーメーソン,オカルトなど2chまとめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モーセの物語自体はなにかの暗喩

718: 本当にあった怖い名無し 2013/09/15(日) 02:31:35.48 ID:TP8ej2Z30

モーセの言葉にされない十戒があるらしいよ


モーセの十戒

ホセ・デ・リベーラ作『モーセ』(1638年):十戒が書かれた石板を持つモーセが描かれている。
十戒(十誡、じっかい、ヘブライ語 עשרת הדיברות‎)とは、モーセが神から与えられたとされる10の戒律のこと。
十戒の内容は神の意思が記されたものであり、モーセが十戒そのものを考え出し、自らもしくは他者に記させたものではない。
モーセの十戒とも呼ばれる。二枚の石板からなっている。 二度神から渡されており、最初にモーセが受け取ったものはモーセ自身が叩き割っている。

721: 本当にあった怖い名無し 2013/09/15(日) 02:38:29.87 ID:zED5EgLW0

>>718
2枚存在するんだよなw


-- 続きを読む --

スポンサーサイト


600: 本当にあった怖い名無し 2012/12/27 02:11:05 ID:l8VO7wy50

雨が降って洪水が起きた、と言っても
津波の原因なんて分からなかっただろうし
(そういえばこの前超雨降ったし…)
とかその程度じゃないかな?

むしろ余計スケールは小さくなるが、ノアの洪水は津波ではなく
ただの大雨による川の氾濫、洪水だった可能性もあるけどさ。

ノアが900年生きたとか、何でも大袈裟に書くのが伝説神話の悪いところだ。


-- 続きを読む --



モーセの海割に関する議論

585: 本当にあった怖い名無し 2012/12/26 23:18:49 ID:Ny1dHyiq0

海割は、最近の研究・シミュレーションだと、
東からの強風と地形でも説明可能らしいね

洪水伝説はまさに世界中に何千と散らばってる神話だが
「神を怒らせた、神の指示で船を作った、つがいを集めた、鳥を放した」
といった話型の類似は知ってる?

イベリア半島はアトランティス説として最近ブームだが、
地中海だけでも200以上の都市が沈んでるし
考古学的なアプローチでは、アトランティスは特定できないだろうね
結局、プラトンの説話に戻ってくるわけで

ギョベクリテペやヴァルナの研究が進めば、いろいろ見えてきそうなんだが

エジプトに戻ったモーセは兄アロンとともにファラオに会い、ヘブライ人退去の許しを求めたが、
ファラオは拒絶し、なかなか許そうとしなかった。
そのため十の災いがエジプトにくだり、最後にはファラオの息子を含めてすべてのエジプトの初子が無差別に殺害された。ファラオはここにいたってヘブライ人たちがエジプトから出ることを認めた。
エジプト出発の夜、人々は神の指示通り、子羊の肉と酵母を入れないパンを食べた。
神はこの出来事を記念として行うよう命じた。
これが「過越祭」の起源である。

ヘブライ人がエジプトを出ると、ファラオは心変わりして戦車と騎兵からなる軍勢を差し向けた。
紅海に追い詰められ、絶体絶命の状況に陥った。
これに対し、奴隷的な状態のままであってもエジプトにいた方がよかったと不平をもらす者もいたが、
モーセが手にもっていた杖を振り上げると、葦の海で水が割れたため、イスラエル人たちは渡ることができた。
しかし、後を追って紅海を渡ろうとしたファラオの軍勢は海に沈んだ。

-- 続きを読む --



564: 本当にあった怖い名無し 2012/12/25 02:38:25 ID:TuZ4ABeP0

有史以前の高度文明は存在していない
建物が残っていないのが何よりの証拠。

アトランティスもムー大陸も海に沈んだんだから!とおっしゃるが、
なんでそんな高度な文明が他の大陸には定住しなかったの?
あまりに都合よすぎですよね。


-- 続きを読む --



今は新約聖書の時代である

引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378069121/


428: 本当にあった怖い名無し 2013/09/07 16:40:47 ID:7e8smY0U0

今は西暦2013年であり新約の時代である。
イエスキリストが生まれてからは新約の時代である。
我々は新約の時代を今生きている。
旧約ももちろん大事だが、新約に重きを置く必要がある。

約2000年前、イエス・キリストは我々の罪のために自ら十字架に掛けられたのである。
父なる神でもある創造主に最初に造られた人間のアダムとエバは、サタンに騙されて罪人となった。(創世記参照)
だからアダムとエバの子孫である我々は、皆生まれた時から罪人なのである。

我々の罪を赦し、我々を救うことができるのは、唯一の救い主 イエス・キリストだけである。
救い主イエスキリストを信じて受け入れることによって、あなたの罪は赦される。
これが唯一の方法である。

あなた方も頑な心を開いて、救い主である主イエス・キリストを受け入れて、自分の罪を赦してもらい救いを受けることを切に願う。


-- 続きを読む --



イエスもユダヤも存在しない?

引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378069121/


410: 本当にあった怖い名無し 2013/09/07 14:54:14 ID:CxuKHIKV0

イエスとユダは実在しない。
反ユダヤ主義のために創作されたのだよ。


-- 続きを読む --



引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1376137800/


891: 本当にあった怖い名無し 2013/09/01 01:22:13 ID:9Wq9c+hF0

イスラエルのリアルタイムでの暴虐といい、アメリカを操ってシリアを皮切りに戦争を起こし、大イスラエルとかいう滑稽なものを作ろうとする
これこそ防止しなければならない
いけるゾンビである民族をまず
もっともキリスト教もイスラムもその点では似たようなものだ


-- 続きを読む --



引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1376137800/


796: 本当にあった怖い名無し 2013/08/30 19:07:55 ID:2lY0KaF30

旧約聖書の信者は、この本の通りに世界がならないと、気がすまないの?
ユダヤ人は、現在の今でも、この旧約聖書の通りに、世の中を動かしているんだよね?
だから、派生のキリスト教やイスラム教を、わざわざ作った。
そして、旧約聖書の預言の中にある通りに、世界中を戦争に巻き込んでいるんだよね?
イスラエルが、パレスチナと現在も紛争中なのは、この旧約聖書のせいだよね?
戦争ばかりやっている旧約聖書って、何なの?
旧約聖書が存在しなければ、派生のキリスト教やイスラム教も出来なかったと思うけどね。
この旧約聖書を過去に遺した未来人って、悪い奴だね犯罪者だよ。




引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1376137800/


221: 本当にあった怖い名無し 2013/08/22 09:36:25 ID:SnfTsD960

聖書は人間が書いたトンデモ本
語る必要すらない

陰謀論のほうがよっぽどリアリティがあるし
現実の日本の危機と直結する


-- 続きを読む --



引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368359400/


884: 本当にあった怖い名無し 2013/06/11 22:15:23 ID:47WfqgDyP

唯物や無神論者や宗教を卑下する人たちも気をつけたほうがいい
ニーチェは天才だったにも関わらず、発狂してうわ言を唱えながら死んでいったんだよ

人が生きるとは、静かに自己責任を追及し続けること
その先に何からがあるのだと思う
それがわからなければ、みんなやられてしまう
皆がそれを理解すれば、世界は楽園に豹変するかもしれないのに


886: 本当にあった怖い名無し 2013/06/11 23:27:32 ID:+TGVUkOG0

>>884
わりと簡単なことかもしれませんよ
自分とういう感じることができる存在として領域を与えられたパッケージっていう感じでしょうか


889: ? ◆d7KBgLV1hY 2013/06/11 23:54:22 ID:Nxpk8W/A0

>>886
人間が意識を所有しているのではなく
意識の連なりが人間という端末を所有している という感じですかねー


896: 本当にあった怖い名無し 2013/06/12 02:07:37 ID:NXY98jl10

>>889
その意識の連なりの深淵へのアクセスこそが”閃き“だね
いち端末である個人が独自に新しい発明やメロデイを作り出す訳ではなく
そこへのアクセスキーを持ち合わせた者を天才と呼ぶんじゃないのか?
サタンとの契約で鍵のコピーを得られる場合もあっありしてね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。